言葉の水たまり

日々の生活の中で浮かんだ何気ない言葉を、消えてしまう前に掬い上げて、時には丁寧に、時には無造作に溜めておく、そんなブログです。

あなたは泣くことが好きですか?

こんなこと急に聞かれたら、なんて答えるでしょうか。きっと、考えたこともないですよね。

「泣くのは嫌なこと、恥ずかしいこと」ってイメージが、なんとなくあるかもしれません。

でも、私は泣くことが好きです。

泣くっていうのは自分の心が物理的に現れる、数少ない現象だと思うんです。

どんなにつらくても、どんなに嬉しくても、やっぱり人の心って見えないんですよ。

他人にはもちろん、自分にも。

 

泣きたいわけじゃないのに、不思議と涙が溢れるってことありますよね。

これって、何より正直な心の反応だと思うんです。

笑顔って、案外適当に作れます。内心何も思っていなくても、とりあえず口角と目尻を上げておけば、楽しそうな自分が作れます。

でも涙って、本当に心が動いた時しか出てこないと思うんです。

私は、映画を見たり、本を読んでいる時に泣いてしまうことが多いのですが、涙が溢れた時って心と体の反応がぴったり同じなんです。それがすごく心地良い。

あ、自分は今、悲しいから泣いているんだな。感動したから泣いているんだな。そんな風に、不思議と自分の涙から自分の心を感じることができます。

 

あんまり感情表現が得意じゃない人って、いますよね。心では本当に嬉しい、と思っているのに、なんだかそれを上手く表現できない。私もそうです。

「うわあ!すごい!嬉しい!」って感動を素直に表せる人って、とっても素敵だと思います。でも、それができない人もいる。

そんな人でも、泣いている時だけは自分に正直になれると思うんです。  

 

仕事、勉強、映画、小説。きっかけはなんでも良いです。

もし、涙を無理やり抑え込んでしまっているのなら、一旦塞き止めている仕切りを外して、流してみちゃいましょう。

案外、心地良かったりするものですよ。

 

もちろん、泣くのは人前じゃなくて良いんです。

感動できるものに出会って、ひっそりと涙を流す。

つらいことにぶつかって、お風呂の中で思いっきり泣いてみる。

それって、とっても素敵なことだと思います。

それでは、また。

まっすぐ進むこと、つまづくこと

物事がうまくいってる時って、前だけを見ていれば良いんですよね。

でも、うまくいかなくなった時、初めて辺りを見渡したり、後ろを振り返ったりする気がします。

今回はそんなお話です。

 

何事もとんとん拍子に進むのは、とっても幸せなことです。つまづくことはやっぱりつらいし、出来ることならうまくいって欲しい。

でも、つまづいたりすることも決して無駄じゃない、と私は思っています。耳障りのいい、ありきたりな表現かもしれませんが。

まっすぐまっすぐ前に進んでる人は、つまづいてしまった自分の知らない、もっと先の道を知ってるかもしれません。

でも、つまづいた人は、ぐんぐん進んでいく人達がスーっと通り過ぎて見落としてしまったものを、見つけることができるかもしれないんです。

 

 

とある作品のお話です。

 

 ある旅人が、大切なものを求めて旅に出ました。旅に出る時、旅人は師に言われました。

「決して道を見失ってはならないよ。一度でも間違えてしまったら、もう二度とおまえの求めるものは見つからなくなってしまうから。」

しかし、不幸なことに旅人は道を見失ってしまいました。

力なくうつむいて途方に暮れる旅人…

しかし、再び顔を上げた彼の眼前に広がっていたのはーー

かつて旅人が求めていたもの以上の、ずっと素晴らしい世界だったのでした。

 

 失敗や寄り道をしなくちゃ見つからないものもあるっていう、私の大好きなお話です。

もしかしたら、ピンときた方もいるかもしれませんね。

 

 

私がこんなことを思うのも、すごくたくさんつまづいてきたからです。

多分、私の人生がもっともっとうまくいってたら、こんなこと思わなかったと思います。こうして言葉を溜めることの楽しさに気づかず、このブログも生まれなかったと思います。

じゃあ、私はこれで良いや、って思うんです。

色んな後悔や、こうだったら良かったのにってことは、たくさんあります。でも、うまくいかなかったからこそ、今の私がある。それだけで、たくさん失敗して、落ち込んで、悩んできた意味があると思うんです。

まあ、「今まさに悩んでる!」って時は、なかなかそんなこと思えないんですけどね。

だから、誰かが代わりに言ってあげるんです。

今、落ち込んでる人、つまづいてる人、悩んでる人。大丈夫だよ。

 

失敗なんて誰だってしたくないし、何事もうまくいってほしいと思うのが当たり前。

どっちが幸せ、どっちが良い。正解はありません。それはきっと人によって違うだろうし。

でも、つまづいた時、前に進んでる人を見て焦る必要はないんです。

そのつまづきや、寄り道が、自分にとってかけがえのないものになるかもしれない。

前に進むだけが人生じゃないよ。

それでは、また。

 

 

満腹が怖かったお話

今日はお仕事終わりに、外でご飯を食べてきました。

ちょっと入り組んだ山奥にある老舗で、入り口の門の暖簾から始まり、連なる石畳を歩いていくと、食事処の窓からは真っ赤な鯉の泳ぐ池が見える、なんて趣のあるところでした。野球選手の松井さんや、ホンジャマカ石ちゃんといった著名人も数々ご来店しているそうです。すごい。

カツが有名なお店らしく、私は「ミックスフライ定食」を注文しました。海老フライやホタテ、カニのフライなどが堪能でき、とっても贅沢で美味しかったです。こうやって1日の終わりに美味しいものを食べるのは、何より幸せなことですね。

f:id:szef27:20170708205504j:image

さて、食べながらふと思い出したことがあったので、今回はそのお話をしたいと思います。満腹感と共に押し寄せてくる、睡魔と戦いながら。

 

 

今、私はとっても満腹です。ミックスフライ定食のボリュームが予想以上だったので、ちょっと苦しいくらい。

じゃあ、この満腹感って幸せなことだと思いますか?

 

もちろん、まっすぐに考えれば幸せでしょう。実際、美味しいものをお腹いっぱい食べることができて、私は今とっても幸せです。

でも、ちょっと考え方を捻じ曲げてみてください。

満腹って、”これ以上満たされることはない”とも言えませんか。

 

美味しいものを食べて、お腹いっぱい。幸せ。

でも、裏を返すともうこれ以上美味しいものを食べれないんです。美味しいものを食べても、幸せだと感じられない状態なんです。

これって、よく考えると結構怖いことななんじゃないかと思います。

 

 

ずっと昔、毎日がつらくて仕方がない時期がありました。

つらい、と言ってしまうと、何か嫌なことがあったのか、誰かにいじめられでもしたのか、というニュアンスになってしまいますね。

その頃、決して何か嫌なことがあったわけではないです。むしろ、何もなかったんです。

生きる気力も、楽しみも。

本当は、なかったのではなく見ようとしていなかっただけなのですが、それはまた別の機会に。今回は割愛します。

とにかく、何も楽しいと思えず、何もやりたいと思えず、それでもただ日々が流れていくことが、つらくて仕方がありませんでした。

そんな時、唯一生きる楽しみを与えてくれていたもの。それが、食事です。

ご飯を食べる、ということは、無条件で生き物を満たしてくれます。心も、体も。

何が楽しいのか、とか小難しいことを考える必要もなく、ただ美味しいから幸せなんです。生物の本能です。

そうやって食欲を糧として生きていた頃、一番怖かったもの。

それが、満腹です。

満腹になってしまったその瞬間、自分が「楽しい」と思えることがなくなってしまう。それが、怖くて仕方がありませんでした。

食べることは好きだけど、お腹いっぱいまでは絶対に食べない。食べることができなくなってしまうから。

そんな、変てこな生き方をしていた時期がありました。

 

今思い出すと、なんだそりゃって笑い話ですね。でも、当時の私は真剣でした。

ものの見方は、ネガティブに捉えようとすればいくらでもできます。そして、逆もまた然り。

ここからもう少し話を広げることもできるのですが、ちょっと長くなってしまいそうなのでこの辺りで。こんな捻くれたものの見方もあるんだぞ、っていうところで今回の話は終わりにしておきます。

 

 

今でもごくたまに、満腹が怖くなることがあります。

それでも平気なのは、今は幸せを与えてくれる人たちが、いっぱいいるからかな。

それでは、また。

 

文章を書くということ

私がブログを始めてみようかな、と思ったのは、日々の中で思ったことがそのまま消えてしまうのは勿体ないと思ったからです。

こうやって言葉をしっかりと形にして溜めていくことで、私が日々を生きてきた証になるんじゃないかな、なんて。ちょっと大袈裟かもしれませんが。笑

今までは、Twitter等のもっとお手軽なSNSを利用していました。でも、ああいったものってお手軽な分、どうしてもすぐに流れていってしまうんですよね。ずーーーーっと下までスワイプするのも大変だし、途中ふざけたツイートとかもあるし。笑

それで、もっとしっかりと溜めておこうって思ったんです。その方が、振り返りもしやすいし、目にも留まりやすいし。

それに、これまでTwitterで呟いていた私の言葉に対して、「あなたの考え方好きだよ!」とか「その言葉聞いて元気出た!」なんて言ってくれた人がいて、それがすごく嬉しかったんです。

私自身、色んなTwitterやブログに書かれた言葉を見て、元気付けられたり、考え方が変わったり、たくさんの影響を受けてきました。

言葉ってとても不思議なもので、ただ漠然と発信しただけで、見知らぬ誰かを元気にしたり、救ったりするかもしれないんですよね。

それってとっても素敵なことだなって思います。だから、私もちゃんとした形で発信してみたいな、って。

 

でも、いざ始めてみたら、「漠然と思ったこと」でも1つのコンテンツとして文章にまとめなきゃいけなくって、これがなかなか難しい、、

Twitterなんて、語りたい事柄さえあれば良かったんです。「こんな出来事があった!」「こんなこと思った!」の前後にちょっと煽りを足せば、ぱぱっと投稿できちゃうし。

でも、ブログって結構難しい。

何を言いたいのか、どこから話し始めて、どこを最後に持ってくるか。要は、起承転結みたいな構成が必要になったんですね。これが私は苦手で。笑

そんなことをぐだぐだ考えているうちに、日々の忙しさに追われてしまい、あれ?ブログ作ったは良いけど全然更新できてないぞ?ってことになってしまったのです。本末転倒ですね。

 

もっと昔の、Twitterもやっていなかった頃の話をすると、私は日々の中で思ったこと、もやもやしたことは、短編小説にすることで昇華していました。

自分が疑問に思っていることを、登場人物の疑問として提示して、物語の中で何かしらの答えを出す。あるいは、出さない。

そうやって、自分の考えを何とか形に残して、自己満足に浸っていたのです。

でも、小説を書くことこそ、ものすごいエネルギーと時間が必要で、、

テーマを決める、キャラクターを作る、起承転結を考える…何かしら書きたいことはあるのに、テーマだけでキャラクターが決まらず進まなかったり、テーマもキャラクターも決まっているのに話の進め方が思いつかず断念したり、なかなか1つの作品として完成しないのです。そのまま諦めてしまって、いつか折角書きたかったことも消えてしまう。

そんなのもったいない!ということで、もっとお手軽に、自分の思ったことだけをストレートにまとめようと思ったのがこの言葉の水たまりです。これなら、キャラクターもお話も作る必要ないし、きっとお手軽にできるはず!って。

ところがどっこい、結局は起承転結で悪戦苦闘…これじゃ全然お手軽ではないではないか!となってしまったわけです。

 

ここまで長々と書いてきましたが、特に構成も考えず、完全に思いつきで言葉を重ねています。つまりは、あまり深く考えずにやってみようかなっていうのが、今回の結論です。だいぶ脱線しましたが。笑

考えすぎてしまって何も残せないよりかは、この方が良いかなあと思いつつ、しばらくこんな感じでやってみようと思います。せっかくなので、よろしければお付き合いくださいな。

それでは、また。

 

追記:

今まで書いた小説が、少しですがまとめてあります。お暇な折に読んでみてくださると嬉しいです。

小説家になろう-鈴村ましろhttp://mypage.syosetu.com/395654/

心がほんの少し優しくなれる鍵

先日、車の運転をしていたら、前の車がとってものんびり走っていました。
車線も1つしかない、信号もまばらな一本道。本来だったら多くの車がかなりのスピードを出して走っている道です。

その日、私は早く家に帰りたくて、少し急いでいました。だから目の前をのんびり走っている車に、「はやくしてよ」ってちょっぴりイライラしてしまったんです。

 

でも、そこではたと思い至りました。

よく考えると、運転し始めた頃の私ってこんな感じじゃなかったか?って。
私もあまり運転が上手いとは言えず、慣れるまでにかなり時間がかかりました。最初の頃は、たとえ一本道でもスピードを出すのがなんとなく怖くて、後ろの車に申し訳ないと思いながらゆっくり走っていました。

もしかしたら、今目の前にいる車も同じなのかもしれません。後ろの私に対して、ごめんなさいって気持ちで走っているのかもしれません。

私の想像でしかありませんが、そう思ったら、不思議とイライラはおさまってきました。まあ、仕方ないかなって。

 

些細なことだけど、この気持ちって、すごく大事なものだと思うんです。

自分にできることが相手にできないと、何でできないんだ!ってイライラしてしまいますよね。それは、当然の感情です。

でも誰にだって、何かしら初めは上手くいかなかったことってあると思うんです。その”できなかった”頃の気持ちって、心がほんの少し優しくなるための鍵なんじゃないかな。

 

今回は車の運転がきっかけでしたが、きっと何にだって当てはまることだと思います。

”できない”ことを認める。

それができるのは、もう”できるようになった”人たちなんですよね。

今までの人生で、私が”できる”ようになったこと、まだまだ”できない”こと、たくさんありますが、この気持ちを忘れないようにしていきたいな。

それでは、また。

書き始めるにあたって

何故かは忘れてしまったけれど、嫌なことがあって、すごく落ち込んでいることがありました。

私はずっと下を向いて、嫌だな、苦しいな、ってそればかり考えて歩いていて。

そんな時、ふと視界に映った水溜まりに、空が映っていました。ちょうど雨が止んだばかりで、少し青空が見えているような、そんな天気でした。重たい雲の隙間から覗く青空は、やけに鮮やかに見えて。

水たまりに映ったそんな景色を見て、私は初めて上を向きました。そうしたら自然と、大丈夫、って思えるようになった、そんなことを覚えています。


日々の中で思うことって、案外たくさんあって、でもふと気がつくとすぐに消えてしまう。でも、その時思い浮かんだ言葉を、数分後、数日後、数年後に思い出すと、案外元気づけられたりします。

あるいは、自分にとってはなんてことない言葉でも、誰かにとっては心の励みになったり、頑張ろうって思えるものであったり。

それくらい、言葉っていうのは力があって、素敵なものだと思うのです。


例えば、誰かに共感してもらえるかもしれない。

例えば、誰かに元気を与えるかもしれない。

例えば、未来の自分をはっとさせるかもしれない。

そんな期待を込めて、心の中に浮かんだ言葉を、消えてしまう前に掬い上げて、時には丁寧に、時には無造作に溜めておく、そんなブログです。


気が向いた時に、のんびり、気ままに更新していこうと思います。

寝る前に布団に入ってからの数分。電車で移動しているときの数分。もしよろしければ、お付き合い下さい。