言葉の水たまり

日々の生活の中で浮かんだ何気ない言葉を、消えてしまう前に掬い上げて、時には丁寧に、時には無造作に溜めておく、そんなブログです。

最近気づいたこと

タイトルの通り。短いコラムです。 最近少しずつ時間と心の余裕ができてきたので、色々と文章を書き起こしてみたりしているんですが、つくづく結論を出すのが苦手だなあ、と。 問題提起は大好きで、あれもこれもトピックとして挙げたがるんですけど、その結…

自分らしさってなんだろう

私を私と定義づけるものって一体なんだろう、って最近思います。 容姿?性格?名前?血縁?経験? そのどれか1つが重要なのでしょうか。それとも、そのどれか1つでも欠けたらその人とは言えないのでしょうか。 今回は、そんなお話です。 自分らしく生きる…

選択肢

今日は久しぶりに1日何も予定がなく、お天気も良かったので、部屋の掃除をしたり布団を干したり、身の回りのことをしていました。 掃除や洗濯したあとって、気分が良いですよね。それって「綺麗になる」だけでなく「自分が有意義に時間を使えた」っていう心…

気まぐれな言葉

随分と更新が滞ってしまったので、ここら辺で壁打ちを1つ。 ここ最近、自分の人生を揺るがす目まぐるしい出来事がたくさん起きていて、正直心が置いてけぼりを食らっています。 思ったことはたくさんあるのに、それが言葉になる前に消えてしまっている感覚。…

あなたは泣くことが好きですか?

こんなこと急に聞かれたら、なんて答えるでしょうか。きっと、考えたこともないですよね。 「泣くのは嫌なこと、恥ずかしいこと」ってイメージが、なんとなくあるかもしれません。 でも、私は泣くことが好きです。 泣くっていうのは自分の心が物理的に現れる…

まっすぐ進むこと、つまづくこと

物事がうまくいってる時って、前だけを見ていれば良いんですよね。 でも、うまくいかなくなった時、初めて辺りを見渡したり、後ろを振り返ったりする気がします。 今回はそんなお話です。 何事もとんとん拍子に進むのは、とっても幸せなことです。つまづくこ…

満腹が怖かったお話

今日はお仕事終わりに、外でご飯を食べてきました。 ちょっと入り組んだ山奥にある老舗で、入り口の門の暖簾から始まり、連なる石畳を歩いていくと、食事処の窓からは真っ赤な鯉の泳ぐ池が見える、なんて趣のあるところでした。野球選手の松井さんや、ホンジ…

文章を書くということ

私がブログを始めてみようかな、と思ったのは、日々の中で思ったことがそのまま消えてしまうのは勿体ないと思ったからです。 こうやって言葉をしっかりと形にして溜めていくことで、私が日々を生きてきた証になるんじゃないかな、なんて。ちょっと大袈裟かも…

心がほんの少し優しくなれる鍵

先日、車の運転をしていたら、前の車がとってものんびり走っていました。車線も1つしかない、信号もまばらな一本道。本来だったら多くの車がかなりのスピードを出して走っている道です。 その日、私は早く家に帰りたくて、少し急いでいました。だから目の前…

書き始めるにあたって

何故かは忘れてしまったけれど、嫌なことがあって、すごく落ち込んでいることがありました。私はずっと下を向いて、嫌だな、苦しいな、ってそればかり考えて歩いていて。そんな時、ふと視界に映った水溜まりに、空が映っていました。ちょうど雨が止んだばか…